FC2ブログ

器、創作日記。

日報 7/12

窯を焚きながら、カップなどのろくろを引く。
合間に刈った草を燃やしながら、更に草を刈る。
NHKのドキュメントで絵本作家 甲斐信枝さん足元の小宇宙というのを見てからというもの、草を刈るということに消極的になってしまった。
実際、草刈り機を振り回すたびにカマキリやらバッタやらが逃げ回るので、なんだか悪い侵略者ようでげんなりしてしまった。
更に言えば、雑草を灰にして釉薬にしてしまうんだから、悪い魔法使いみたいだし、更に更に言えば、それに価値をつけて言葉巧みにお客さんに売らなければならないなんて…。
おやすみなさい。